有限会社進藤商店

創業百余年 頑固おやじの干物専門店

楽天ショップを見る

🐟 新型コロナ対策 🐟
新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、
ご来店の際はなるべく密にならないように、
マスクを着用いただき、アルコールによる消毒を
お客さまにはご協力お願いしております。

進藤商店では、皆様の「いただきます」を応援!
この時期をふんばって乗り切りましょう!!!!!がんばります!!!

🐟 感謝祭のお知らせ 🐟
直営店舗では、ただいま感謝祭を開催中です。

残念ながら、毎年楽しみにしていた魚食普及の試食祭はこのご時世の為、お客様と従業員の安全を配慮して、中止に致します。
その分の広告宣伝や試食の材料代、警備員や従業員の人件費等
お客さまへ還元いたします。

おうちで干物をお楽しみいただけるよう、
本店へご来店・お電話・FAX・郵便のお申し込みに限り、
全国どこでも 送料 1000円(税込み)に
させて頂いております。
是非この機会に。
(インターネットショップ(楽天)では手数料の関係で行えません。)

今年も
ありがとうの詰め合せ
『 福箱 』
始まります!!

↑こちらは、直営店のお値段です。工場直売価格の為、楽天ショップでは価格をかえて掲載させていただきます。ご了承ください。

直営店のみ只今送料1000円です。
お電話注文承ります。
お気軽にお電話ください。

0120-262-505

商品がたくさん載ったパンフレットお送りをご希望の方は
お気軽にご連絡ください。

2020年 第11回
『お魚・海の絵コンクール』
結果発表
応募総数201点 ~2歳から73歳まで

子どもたちに、魚食や環境に興味を持ってもらいたくて始めた
『お魚・海の絵コンクール』も、今年で11回を迎えました。
本年はコロナ環境下、学校も習い事も公園での遊びも制限された中、
沢山の子どもたちがコンクールに挑戦してくれました。
みんなに賞をあげたい気持ちでいっぱいになりました。

今年は、例年に比べて倍の201点の応募。

賞の数も増やしました。

審査会の日に突然テレビ西日本『ゴリパラ見聞録』の取材がありました。
ゴリけんさんとパラシュート部隊さんたちにも
特別審査員として選んでいただきました。
ここに力作12名の発表を致します。

金賞

北九州市 年長 太田千尋
「魚が大好きで、ボロボロになるまで図鑑を読み込む5歳です」

沢山の色を使って、いっぱいに海の仲間を描いてくれました。みんな仲良くとても楽しそうです。

銀賞

大野城市 11歳 山口翔太郎

サザエやホタテが立体的に作られていて、繊細な色使いと力強い「さあ!焼けたぞ!」の表現がとても上手にできました。

銅賞

福岡市東区 小3 久野ふうか

本当にきれいなブルーです。
海の中のキラキラと揺らめく世界が丁寧な色の変化で表現されています。

社長特別賞

福岡市東区 小6 安河内咲良

墨の濃淡だけで作り上げた海の世界。
まん丸ふぐがゆっくり泳ぐ姿が印象的でした。

社長特別賞

福津市 47歳 平井英樹
「どうくつみみずはぜ」

障害者支援施設からの応募です。写真ではわかりづらいですが、魚体も白で分厚く塗られ背景もとても丁寧に繊細に美しく作り上げられています。

社長特別賞

福岡市東区 5歳 田中想祐

表情豊かな魚たちの楽園です。一匹一匹がとってもかわいい!とっても楽しい海の世界です。背景も慎重に丁寧にがんばって描いてくれました。

社長特別賞

福岡市東区 73歳 西村孝優

「きれいな海からいただきますへ」が進藤商店のコンセプトですが、コンセプトを絵にかいてくださったような作品です。とても丁寧に細かく表現されていました。

審査員特別賞

福岡市東区 6歳 山内綾乃

この絵の画面上には描かれていない海上から差し込む光に、画面外にも広がる美しい空間を感じます。その光を受けている魚たち、海中の空間に宿る奥行きに、この絵を描いた子の、この絵に対する「自分の心の中にある情景を表現したい」という想いをとても感じます。 審査員より

審査員特別賞

福岡市東区 年長 石崎楷人

ダイナミックな色遣いと構図がとても印象的です。絵から飛び出しそうな魚の表現がこの年齢の子どもの自由な発想の豊かさを表しています。

審査員特別賞
ゴリけん賞

福岡市東区 41歳 山口絵里奈

ゴリけんさんが選んでくれました。
これは美味しそう~!!!従業員の評価もとても良かったです。ふくよかな金目鯛の煮つけが、丁寧に表現されています。上手~!!

審査員特別賞
パラシュート部隊
斉藤優賞

福岡市東区 4歳 美馬ひなた

「カッコイイっすよねこれ!」と斉藤さん。斬新な構図と色遣い、魚のような海の生き物のような。とてもかわいいです。

審査員特別賞
パラシュート部隊
矢野ぺぺ賞

古賀市 6歳 たてなかそら

「白い部分がこんだけあって、ここだけ青。余白の使い方が斬新な感じです。」とペペさん。字まで書いて、ストーリーが楽しいですね。とおっしゃってました。

審査員 服部真希先生 総評 

どの絵も、みなさん一生懸命に描いてくれたことがとても伝わってきました。みなさんのひとりひとりが、大賞です。今回賞を贈る子達は、みんなの代表で、受け取ってもらうことになりました。同じお魚でも、料理をする人が違えば違った味になるように、描く人が違えば絵も違った絵になります。料理において、そのお魚の良さを自分なりにきちんと理解してきちんと手間暇をかければ料理の味に奥行きが出るのと同じように、絵画においても、お魚を観察して自分が感じたことを手間暇をかけて表現すると絵に奥行きが生まれます。人の五感はとても繊細なので、奥行きがあると、その理屈がはっきりと理解できなくても非常に心を揺さぶられるものです。それは人間が、普段奥行きのある3次元という空間で生活しているからなのでしょう。未来を担う子どもたちには、物事を自分自身の心で感じて、その感動や発見を自分の手で真摯に表現する、という経験を絵を通して重ね、心豊かに育っていって欲しいと願います。この「進藤商店お魚コンクール」を機に、じっくりお魚を観察して、感じた感動や発見を心のままに描いてみてください。


干物の好みは人それぞれ。
ジューシー・肉厚・さっぱり・塩味・味醂味。。。
手作りで約60種類取り揃えております。

銀だらみりん

うるめ鰯
丸干し

さばみそ

うまづらはぎ
一夜干し

しおさば

鯖燻
(さばくん)

きれいな海から
 「いただきます。」へ

進藤商店
頑固おやじのこだわり

きれいな海から
魅力的な魚を
美しく加工して
美味しく食卓へ...
「いただきます。」へ

海域によって、獲る漁師さんによって、
船の設備によって、獲った後の処理によって、
食べている餌によって、獲れた時間によって、
獲れた時期によって、船の氷の量によって。

原料の魚をちゃんと選ぶ。

いい魚を、その魅力を損なわないように
美しく加工してあげる。

味も色も香りも。
見れば美味しそう~!って
感じる干物に...

 創 業 1 10 年 の 歴 史 

玄界灘
かつての新宮漁港は
豊富な漁獲量でした。
そうだ!魚を干そう!
初代進藤長兵衛が
干物屋を始めました。
有限会社進藤商店の
はじまりはじまり~。

・・・明治43年頃・・・
水揚げが豊富な新宮村でイワシの丸干しや、
いかなごの煮干し加工、鮮魚販売を始める。

先々代の進藤武吉・トキ夫婦はその後を継ぎ、
煮干し・削り節などの加工や玄界灘の地魚を天日に干し
商品数を増やしていきました。

・・・昭和30年代・・・..
のちの会長、進藤和夫入社

・・・昭和48年・・・
有限会社進藤商店を設立
イワシ・サバ・フグ・アジを中心に、
エイひれ・カレイ・ウルメイワシ・トビウオなど
多くの加工品を製造するようになる

・・・昭和50年代~・・・
みりん干し製造・辛子明太子製造を始める。
先代から受け継いだ『もったいない精神』で
明太子を漬けた後の調味液に価値を見出し、
当時いわしみりんなどに使っていたマイワシを
調味液に漬け込み、鰯明太子付けを開発。
日々の研究で、魚を使ったバリエーション豊かな
商品ラインナップがそろってきた。

・・・現在・・・
昔ながらの伝統も大切にしつつ、時代に合った
魚の食べ方や、新しい加工魚の提案を
できるように試行錯誤しながら発信中。

進藤商店は
魚食普及・地域貢献を
志しています。

もっと魚を食べてもらいたい。
美味しい魚料理を簡単に作ってもらいたい。
魚に対する抵抗感を無くしたい。

そんな願いから始まった『試食祭』。
春・夏・冬とたくさんの方に来ていただいております。
進藤商店の干物を炭火焼きでご提供。
昔ながらのお料理上手のおばちゃん特製汁物や、
魚を使ったご飯。
すべて試食。無料での提供。
食べてみて、普段のレパートリーのヒントになればと思っております。

春はたけのこ。わかめ、ちりめん。。。
夏はトマトやオクラのお澄まし。。。
冬はあったか具沢山鮭汁。。。

などなど。毎回の献立を考えるのも、家庭の食卓を想像しながら。
簡単に旬の食材を取り入れやすいように。。。

日頃の感謝と魚食普及のための試食祭です。

試食会場

試食祭の様子

干物と魚料理の試食

試食祭の様子

お店の様子

試食祭の様子

春の川魚の展示

試食祭の様子

 未来の自然とともに。
地域貢献・食文化継承を。

春の試食祭では、
自然の川の魚を展示します。

ハヤやフナ、ドジョウやエビなど。
古賀の山奥の小川から、
3日間のイベントに来てもらいます。
子供たちは図鑑を見ながら、
自然の魚を観察してくれます。
本物の自然の川に入ったことのない子供たちもたくさんいます。
へ~。こんな魚がいるんだね。を体験してもらいたいです。

災害への募金のご協力

少しでも災害に合われた方々の力になれればと、多くのお客様のご来場にあわせて、募金に協力していただきました。
近年春には残念なことに、毎年のように募金活動をすることになっていました。
九州西方沖地震や東北、豪雨災害など、お客様にも災害に目を向けていただくきっかけになったと思います。
ご協力ありがとうございました。
春の試食祭では、抹茶一服。夏の試食祭では手作りシソジュースなど、ご協力いただいた方には心ばかりのおもてなしをしました。
今後とも、企業として大切な取り組みと思います。

子供たちにも楽しんでって
もらいたい。

「さあ、干物屋さん行くよ!」
「え~。。。」より「やった~!!」
試食祭では、子供たちにもにぎやかに楽しんでもらいたくて、色々企画しています。
夏は無料でヨーヨー釣り。
みんな上手です~!

冬の試食祭では、
感謝の福引きです。

ほんの気持ちですが、あたりをたくさん入れています。
これは、会長と社長の気持ち。
使えるもの・もらってうれしい物を、少しでも多くのお客様へと準備します。

当たりますように~!!ってみんなドキドキ。1等は、立花山山麓からの美味しいお米です。

試食祭では、干物に馴染んでもらいたい!
炭火焼きの干物は、
ひと味違うっちゃんね。

試食祭では、いつもは魚を捌くプロフェッショナル達が、焼名人になります。
身はふんわり外はパリッと。
炭で焼くと、干物は本当においしくなります。すぐ横で焼くので、香りも煙も楽しめます。
焼き方や焼き具合を、見て聞いて。。。
お客様は回を重ねる毎に、だんだん魚を焼くことへの抵抗感がなくなってきました。

子供たちの環境意識へ~
お魚・海の絵コンクール

子供たちに、魚や海に興味を持ってもらいたくて、毎年夏に絵画コンクールをしています。
目を向けさせるきっかけになればいいですね。
毎年力作ばかり頑張ってくれています。いつも感動します。
子供たちのために、魚食文化と資源を残していきたいと思います。

小さいけれど、ひとつの会社として
出来ることから。

コロナに負けるな!
みんなで頑張ろう!!

日田・天ケ瀬
秘境の山奥にあります。

黒川温泉や日田の温泉などの
有名旅館や寿司屋などの
お店に卸している養魚場です。

「テレビを見て、嫁の実家の養魚場を救ってくれるのは、ここだと電話しました。」

突然のお電話からのご縁です。

日田 平川養魚場
こだわりの職人さんです。

卸先の旅館が休業になり、出荷予定だった魚たちがどんどん大きくなる!

魚には自信がある!!

毎日魚たちの様子を見て、
きれいに掃除し、えさにもこだわって、
山の上から流れる湧き水をかけ流しで
大切に育てる山の魚。

やまめ・あゆ・にじます

初めて作った
川魚の干物
ヤマメの丸干し

川魚が好かんかったけど、
なんね、食べたらバリ旨いやないね!!
とお客さまから。

平川さんが、口から内臓を取ってきれいに処理してくれます。
あとは進藤商店の塩加減と干し具合。
海のものより、時間をかけてじっくり塩をします。

お か げ 様 で の 受 賞 歴

全国水産加工品総合品質審査会などで
数々の賞をいただきました。

平成3年度から毎年のように
おかげさまで23回の受賞です。

受賞歴はこちらを御覧ください。






働く仲間を募集!

伝統ある干物を一緒に作りませんか?

進藤商店では、従業員を募集しています。
仕事内容は干物づくり。

海からの魚を
お客様の「いただきます。」へ。

お気軽にお問い合わせください。

092-962-2222
有限会社進藤商店 進藤まで

これからも干物。





湯気まで香る炊き立てのご飯と、
程よく出汁がきいた我が家の味噌汁。
いつもの献立に、干物一品。

ああ、魚があったばい!
それば焼いとったら、あとはおかずいらんもんな~。

うまか~!
やっぱうちの味噌汁が一番やが!!

あら、こりゃ新米やろ??
ご飯がうまかね~!!

最高に幸せやね~!!

これからも、こんな会話にかたりたいとです。

納得できる、美しい干物を
食べてもらいたいとです。

有限会社進藤商店
3代目進藤和夫81歳
『頑固おやじ』

妥協は無理。




変わることなく

先々代が魚の天日干しの「干物」づくりを始めて百余年。ここ新宮の浜は、今も昔も変わらずに美しい白砂清松を誇っております。何ものも遮らない天日、海風が「干物」づくりに適していたのだろうと思います。今では衛生上、海風を再現した機械乾燥に変わりましたが、工程は百年前と変わることなく、熟練の職人が一尾づく手作業で作ります。職人の手技、経験を大切に、そして何より素材、鮮度を見極めて「納得できる干物」をつくる。それが現三代店主のこだわりでございます。

昔ながらの良さを伝えたい。
「干物」は魚の旨みを凝縮した、日本人の知恵が育んだ食品です。魚離れが進んでいる昨今、年三回の「試食祭」等のイベントを開催し、魚食の普及に努めております。また、現在店主は、日野ん農林漁業振興会の理事として、関係省庁や各分野の皆様と共に「食の安全・食育について」「日本の食を担う分野」の様々な課題や進行に携わり、取り組んでいるところです。先々代の長兵衛から受け継いだ製法や伝統を大切に次世代へと継承できる食文化を日々研究開発して参ります。

みなさまの笑顔のために。
みなさまからの「おいしかったよ!」の笑顔を励みとして、これからもずっとご愛顧いただける商品をお届けできますよう、スタッフ一同精進して参ります。

有限会社進藤商店 取締役会長 進藤和夫

お問い合わせ

0120-262-505

営業時間  :  平日・土曜日9:00-17:00 /  日曜日・祝日10:00‐16:00

有限会社進藤商店 
〒811-0112福岡県糟屋郡新宮町下府904-27
℡092-962-2222




☆おかげさまで☆
:::::テレビ放映情報:::::

2012年
 11月13日 RKBテレビ  志、情熱企業
    「創業百年、伝統の味。して老舗が目指す、現代の干物づくり 」
  11月20日(土)10:30~11:25 KBCテレビ『気ままにLB』
  12月28日(火)TBSテレビ『はなまるマーケット』2010年おめざランキング
    銀だらみりんがランクイン!250程のおめざの中で、5位でした~!!!
2013年 
 1月10日5時8分『めんたいワイド』
  生放送~!!
  1月14日 (土)TVQ 19:00 『きらり九州めぐり逢い』
  ことぶきさんと\(^o^)/
  2月7日 TNC 『タマリバ』
   ピーターさんご来店!
  4月 FBS『めんたいワイド』
 IKEA近所特集! ケン坊田中さんと\(^o^)/
  4月30日 (土)読売テレビ 『マチャミ&なるみのいただきナハーレ』
    博多華丸・大吉さんのお薦め博多のお取り寄せで
  「銀だらみりん」をご紹介いただきます!
  4月24日 FBS『めんたいワイド』
  新宮町特集
  5月23日 TNC 『ももち浜ストア』
    新宮町特集!!高田課長ご来店!
  6月16日 RKB『今日感テレビ日曜版』
    新宮町特集!!
  6月19日 東海テレビ『スタイルプラス』
  7月27日 9時25分テレQ『きれ☆かわ女子部』
2014年
 1月31日 19時~TNCテレビ西日本 『華丸・大吉のなんしようと?』
  博多華丸大吉さん・ロンドンブーツ1号2号亮さんご来店!!
 2月1日 9時25分~30分 FBS『九州ドリーミングウーマン』
 3月2日 15時45分~日本テレビ『通販王決定戦』
  福岡グルメご飯のお供スペシャルセット
  『銀だらみりん』博多華丸大吉さんのご推薦!
2015年
 7月16日 FBS 福岡放送 心感覚サービス
  ~こころに響くおもてなし~
 8月28日 TNCテレビ西日本 『華丸・大吉のなんしようと?』
  博多華丸大吉さん・チュートリアル徳井さん福田さんご来店!!
2016年
 12月11日 TNCテレビ西日本 『ももち浜ストア』
  進藤商店の試食祭を密着取材していただきました。
2017年
 2月24日 TNCテレビ西日本 『華丸・大吉のなんしようと?』
  博多華丸大吉さん・渡辺直美さんご来店 
 3月24日 関西テレビ放送『よーいドン!』
  ロンドンブーツ1号2号 田村亮さん
 *銀だらみりん「本日のオススメ3」
 8月18日
  関西テレビ放送『よーいドン!』
  上半期ご飯の友銀だらみりんがベスト3!!!
2018年
 6月4日 TBS『なかい君の学スイッチ』
  華丸大吉さんたちに、銀だらみりんを紹介していただきました!
 10月6日 日本テレビ 『満天☆青空レストラン』に
  ご飯のとも 銀だらみりんが「うまいー!!」
2019年
 6月29日 テレQ『ぐっ!ジョブ』
  福岡が誇る「最強」海産物専門店を徹底解剖!!
  スタジオにもお邪魔しました~。
 10月8日 TNCテレビ西日本 『華丸・大吉のなんしようと?』29周年記念
   結局ハワイは福岡だらけ&超売れっ子に野望は聞くだけ野暮よSP
    ハワイに進藤商店のおかみがおるっちゃないと~ってビーフジャーキー屋さんと共に紹介いただきました。
 10月18日 テレQ『ふくサテ』
   天皇陛下即位の儀式『大嘗祭』へ献上する
   玄界灘の真鯛を干物にお手伝いする過程を取材していただきました。
2020年
 3月15日 テレQ『ごちそうマエストロ』
   上野敏子さんと、ロバート馬場裕之さん
   ゲストは大家志津香(AKB48)さんが
   進藤商店の干物を紹介してくださいました。
   レシピも紹介!!
 3月20日 TNCテレビ西日本 『華丸・大吉のなんしようと?』
   放送12年目突入目前SP
   総集編で紹介していただきました。

   4月24日(金)テレビ西日本「ももち浜ストア」
        コロナに負けるな!
   便利な干物の使い方を紹介していただきました。

   7月17日 TNCテレビ西日本 『華丸・大吉のなんしようと?』
   リモートで華丸大吉さんたちとお話ししました。
   会長が散髪行ってて慌てて帰ってきて間に合いました。

 8月6日 KBC 九州朝日放送シリタカ!
   生放送の中継で緊張しました!!
   石井ちゃんさんありがとうございました。 

 9月1日 RKB『今日感てれび』
   コロナで変わるビジネス
   創業110年で初挑戦『やまめ』紹介してくださいました。  

 9月9日 アサデスKBC
   コロナ支援で始めたヤマメ。
   こちらが感謝するほど美味しく美しい水で育っております。
   石井ちゃんさんありがとうございました。

 11月7日 TNCテレビ西日本『ゴリパラ見聞録』
   ゴリけんさん、パラシュート部隊さん
   進藤商店のTシャツも着て頂きました。
   お魚・海の絵コンクールの特別審査員もお願いしました。

 博多華丸大吉さん、
 テレビ各社スタッフの方々、
 感謝感謝です!
 ありがとうございます!!